HOME>イチオシ情報>世界の高級時計【ロレックス】の歴史を知ろう

ロレックスの歴史を知る

ロレックスは1905年創業の「ウィルスドルフ&デイビス社」のウォッチブランドです。商標登録は1908年。その後2年ほどでクロノメーター規格を取得しています。

ロレックスの特徴を知る

  • 王冠のブランドマークがロレックスのこだわり
  • 防水性能機能が高いオイスターケースを採用
  • パーペチュアルという自動巻きのルーツを発明
  • カレンダー機能「デイトジャスト」のパイオニア
  • 陸海空それぞれに強みがあるもであるがある
  • シンプルイズベストのデザインが多い
  • 自動巻き時計はほぼデフォルト仕様
  • 3900m防水を達成したプロ仕様も存在
  • 70年以上も製造が続くロングセラーモデルがある
  • ゴールドやプラチナを採用した貴金属モデルがある

機械式とクォーツ式が存在する

腕時計とカレンダー

ロレックスを購入するのなら、機械式とクォーツ式があるので、まずどちらが欲しいかハッキリとさせておきましょう。簡単に説明をすると、機械式はゼンマイや歯車などで動く仕組みで、クォーツ式は電池で動く仕組みです。時計の指す時間はどちらも正確ですが、それぞれのメリットは異るので、購入前に知っておいたほうがよいです。どちらのロレックスを購入するとしてもかなりの値段でしょうから、自分に合ったほうを選ぶことをおすすめします。ちなみに、商品説明に機械式かクォーツ式なのかはきちんと記載されているので、わざわざ見分け方を知る必要はありません。商品説明をしっかりと見て購入すれば、決して間違えることはないため安心しましょう。

機械式の特徴

時計修理

機械式のロレックスは手入れさえしていれば、50年以上もの年月、使い続けられる可能性があります。オーバーホールというメンテナンスを定期的にする必要があるので、そこそこの維持費がかかりますが、一生ものの時計を手に入れられるといえるでしょう。